顎関節症克服サイト メインメニュー「矢印の順番にお進み下さい」
ホーム⇒  顎関節症の真実⇒   顎関節症の原因も!?⇒  私がなったきっかけ⇒   過去にした治療方法⇒  最後に運命の出会い⇒  
治療日記(№1~№9止)⇒  顎関節症との闘いは続く⇒   現在していること(№1から№5止)⇒  最後に思うこと
        <顎関節症よもやま話!!>             <がくがく日記!!>

私が今まで行った顎関節症の治療方法を順番に書きます。

1、最初はインプラント入れた歯医者でインプラントの噛み合わせの治療です。
2、某病院の口腔外科を紹介してもらい精密検査してもらって顎関節症の疑いの診断がでました。
3、診断書をもらい元の歯医者で初めてマウスピースを作ってもらいました。
4、最初の歯医者に見切りをつけて他の歯医者に数件行きましたが、どこも同じで噛み合わせも綺麗で異常ありませんと言われました。
5、接骨医も数件通いました。
6、カイロプラクティックも行きました。
7.鍼灸医院も行きました。
  こうして医者通いの無限ループが数年続きました。
  もう不定愁訴が最悪で何回も救急車を呼ぼうかと思ったこともありました。

救急車① 救急車②

本当にあった疑問に思う病院

接骨医院の先生の紹介である医者を紹介されました。
凄く豪華な外観の病院でした。
でも紹介された先生は顎関節症の原因もわかっていないみたいです。
ある意味、私を実験台にして知識のない顎関節症の治療をしたかったみたいです。
取り返すことが出来ない治療をされると思い通院は辞めました。

そろそろ限界超え

医者通いの無限ループに陥り、もうノイローゼ気味でした。
本当に顎関節症を治せる医者はいないのかネットで見たり掲示板を見たりしましたが、これっと言う情報もありませんでした。
周りは誰もこの病気の事を理解してくれません。
顎関節症という病名自体が誤解を与えているのかもわかりません。 顎だけの病気じゃないんです。
医者探しの堂々巡りの時間が過ぎるだけでした。
友達とランチを食べた後も気分が悪くなりベンチに寝込む羽目になったこともありました。
これからの人生を考えるとますます鬱になりそうでした。


トップページへ戻る
←前のページはこちら                                    次のページはこちら→

お問い合せはこちら
■簡単な顎関節症の説明・・・・・ 顎の痛みではなく全身にくる体の変調、精神の病です。 ある意味、全身病です。
顎関節症メインメニュー
アイボ4