顎関節症克服サイト メインメニュー「矢印の順番にお進み下さい」
ホーム⇒  顎関節症の真実⇒   顎関節症の原因も!?⇒  私がなったきっかけ⇒   過去にした治療方法⇒  最後に運命の出会い⇒  
治療日記(№1~№9止)⇒  顎関節症との闘いは続く⇒   現在していること(№1から№5止)⇒  最後に思うこと
        <顎関節症よもやま話!!>             <がくがく日記!!>

顎関節症になって最後に思うこと

昔、子供の頃、母親の言うこと聞いて歯を朝晩磨いてたら良かった。
と言うのが一番ですね。
私の奥歯は、ほとんど治療済の歯ばかりです。
被せにブリッジにインプラントに、まともな奥歯がほとんどありません。
前歯も2本、高校の時に折ってサシ歯です。
今の子供は虫歯がほとんどないそうでうらやましいです。
子供たちには顎関節症にならないように食べ物を良く噛んで顎の成長を助けましょうと言いたいですね。

理解できない治療は辞めましょう

私もいろいろな治療をしてきました。
でも無駄な治療がほとんどだったと思います。
ネットでも顎関節症と検索したらいっぱい出てきます。
藁をも掴む気持ちでこの治療法に挑戦してみようと思ったことも多数ありました。
でも調べると評判が非常に悪い物がほとんどで取り返しのつかない治療方法もあります。
正しい治療に出会う前に素人療法で悪化させたりしたら最悪の人生を送ることになります。
十分よく考えて行動しましょう。

脳の記憶が悪い

これはあくまで個人的な意見です。 私の場合はインプラントの義歯の違和感があまりにもひどくて顎関節症のスイッチが入りました。
神経通っていない無機質なインプラント義歯のストレスが数年続きました。
インプラントが私の体にひとつになったと感じたのは5年以上経ってからです。
その間に私の脳はインプラントの違和感を記憶してしまい顎の筋肉が反応しているようになりました。
筋肉が委縮することによって首、肩の筋が硬くなり体中、おかしくなり不定愁訴もひどくて内臓もおかしくなったんだと思います。
何回も言いますがインプラント自体が悪いのではありません。
私に合わなかっただけです。

脳の記憶を飛ばす

脳に記憶された顎関節症のストレスを忘れさせることが大事です。
食い縛りは健康な人でも悪いので食い縛りしないように常に意識しましょう。
軽く口を開けるつもりが調度いいかもわかりません。
睡眠時のマウスピースも歯医者で作ってもらいましょう。
自作の方法もありますがマウスピースして寝るだけで結構改善する人もいます。
そして自分の脳に

顎関節症は治ったぞーーーーー

としつこく記憶に覚えこみましょう。
私も噛み合わせ治療、行いましたが100%完治していません。
これ以上、歯の治療は出来ないので、ラジオ体操と食い縛りに気をつけて何か楽しいことを見つけて 自分の頭の脳に記憶された条件反射に近い顎関節症のストレスをぶっ飛ばすよう頑張りたいと思います。
皆さん
このホームページは役に立ったでしょうか?
多分役に立たなかったと思います。
私の場合はインプラントが原因でしたが私に合わなかっただけでインプラントが悪いのではありません。
誤解なきようにお願いします。
これからも諦めることなく無理なく自然に任せてゆっくり治して行きましょう。

 

歯磨き小道具 リステリン
トップページへ戻る
←前のページはこちら                                    次のページはこちら→

お問い合せはこちら
■簡単な顎関節症の説明・・・・・ 顎の痛みではなく全身にくる体の変調、精神の病です。 ある意味、全身病です。
顎関節症メインメニュー
アイボ6