顎関節症克服サイト メインメニュー「矢印の順番にお進み下さい」
ホーム⇒  顎関節症の真実⇒   顎関節症の原因も!?⇒  私がなったきっかけ⇒   過去にした治療方法⇒  最後に運命の出会い⇒  
治療日記(№1~№9止)⇒  顎関節症との闘いは続く⇒   現在していること(№1から№5止)⇒  最後に思うこと
        <顎関節症よもやま話!!>             <がくがく日記!!>

奇跡の瞬間!!

本編のホームページにも書きましたが、ある鍼灸医院に通っていた頃、先生が私が余りにも辛そうなので顎を治してあげると言われて 左右の耳下の顎の蝶つがいになってる周りをやさしくマッサージしてくれました。
その間、1.2分くらいでしょうか?
マッサージが終わると、
「これが今のあなたの顎の正常な位置よ」
と言われたのですが、本当に不思議なんです。
顎関節症になる前の、もうすっかり忘れてしまっていた、あのパワー溢れてた元気だった頃の自分に戻っていました。
噛み合わせ自体は、まだ下顎が少し奥まった位置みたいです。
歯の噛み合わせ自体はいじっていないのですぐに元に戻りましたが、噛み合わせが大事なんだと確信した瞬間でした。
別の接骨医の先生にも言われたことがあります。
下顎は他の関節と違って筋肉で上顎にぶら下がってるだけなので、関節自体がどうのこうのと、いうことはないと言われました。
ある意味、そうなんでしょうがそれがなかなか治ってくれないのが顎関節症なんですよね。
無理しないでお風呂入りながら顎の筋肉を軽くマッサージするぐらいで、僕たち患者はそれぐらいで良いんじゃないかと思います。

体の歪みはどこから??

顎関節症になってからいろいろな接骨医医院や鍼灸医院に行きました。
接骨医院もいろいろで普通にマッサージして終わるとこがほとんどです。
ある接骨医院を友達に紹介してもらって行きました。
接骨も国家資格うんぬんと言うより流派みたいな物もあるようです。
そこの先生は体を揉みほぐすというのではなく、体の歪みを治すという方法でした。
本当に体の姿勢をちょっといじって体を真っ直ぐにするというか左右前後の姿勢を歪んでるのを治す方法です。
これで顎関節症が良くなったということではないのですが、結構体が歪んでいました。
体が捻じれてる感じでした。
原因が顎関節症なのか単なる運動不足なのかは判りません。
大きい鏡の前に立つ機会あれば自分の姿勢を一度確認すると良いかもわかりませんね。
軽い運動で姿勢が良くなったら顎のストレスが少しはマシになるかも判りません。

トップページへ戻る
←前のページはこちら                                    次のページはこちら→

お問い合せはこちら
■簡単な顎関節症の説明・・・・・ 顎の痛みではなく全身にくる体の変調、精神の病です。 ある意味、全身病です。
メインメニュー
アイボ3